レストラン温度監視ソフトウェアレストラン自動化システムレストラン自動化システムは、 | 1 min read

自動化またはしない-レストラン自動化システムを見るレストラン自動化システムは

to automate or not a look at restaurant automation systems

By

Pro's and Con's of Restaurant Automation

レストラン自動化は、レストラン業界企業にとってますます普及しているテクノロジーです。レストランでは、さまざまなレベルの成功とレストランの自動化を実施しています。

たとえば、 Eatsaレストランは 、顧客が注文した時点から食品配達システムまでのすべての操作を自動化しようとしました。顧客がメニュー項目の選択を入力した後、その順序は名前が付いたキューブに表示されます。

残念ながら、Eatsaレストランはレストランの自動化実験に成功せず、5つの場所がすべて閉鎖されました。これは、レストランビジネスの他の人が自動化を探索するのを止めるものではありませんでした。マクドナルドやウェンディスのようなファーストフードチェーンは、迅速なサービス機能を含むより自動化されたレストラン運営を模索しています。

レストランの自動化のいくつかの長所と短所は次のとおりです

。1.コスト管理 :人件費と食費の両方は、レストラン経営者が負担する莫大な費用です。欠勤やその他のスケジューリングエラーが作成する人件費は、主に自動化によって解決されます。

自動化は、人件費と対峙する費用対効果の高い方法であるだけでなく、人件費違反も減少します。これは、レストランのオーナーが高価な人件費や違反に直面することなく、自動化されたシェフやサーバーが 24 時間稼働できるためです。

自動シェフは、食材の使用量のばらつきを減らし、レストランの食費を低く抑えます。食費が減少するにつれ、これらの利点のいくつかを顧客ベースに提供するかもしれません。食品コストの削減と在庫管理機能の向上により、より費用対効果の高いメニュー項目オプションを顧客に提供できます。

また、自動化されたレストランの初期投資コストは、従来のレストランよりもはるかに高いです。新しい技術の実装は高価であり、メンテナンスと修理コストも高くなります。

2.カスタマーサービス :スタッフと顧客の人間の相互作用に制限されている場合、カスタマーサービスに大きな変更があります。実際、研究では、技術の増加は人間の孤独感を高めることが示されています。

オンライン注文と食品配達技術により、私たちの文化はすでに別の人間と関わることなく、私たちの家で食べ物を受け取る能力を習得しています。この技術をフロントハウスのダイニングエクスペリエンスに転送すると、対人インタラクションを高く評価する人々のカスタマーエクスペリエンスとカスタマーサービス機能が低下する可能性があります。

また、自動化が提供する顧客サービス能力を好む人もいます。スタッフが彼らを助けるのを待つ代わりに、顧客は注文システムを通じて注文を行い、彼らの食糧を受け取るリアルタイム迅速なサービスを持つことができます。

急いでいる人のために、自動化されたシステムレストランでは、できるだけ早くその日に送ることができます。個々の顧客サービスの優先順位に応じて、自動化は役に立つか傷つきます。

3.トラブルシューティング - 多くの人々は、テクノロジの矛盾を経験しています。実際には、基本的なタスクを単純化することよりも複雑にしています。レストラン業界のテクノロジーは変わりません。レストランの運営は自動化により複雑になる可能性があります。

顧客が自動システムをナビゲートするのに慣れていない場合、店を離れても、恥ずかしくて圧倒されるかもしれません。このため、少なくとも何人かの人的スタッフが、技術上の問題を支援できると便利です。

技術に精通した人にとって、レストランの自動化は、利便性と全体的な顧客体験を大きく向上させることができます。顧客ベースを知ることは、レストランに適した自動化のレベルを決定する上で非常に重要です。

自動化のメリットに関心がある

how to automate a restaurant 1600973837 3097

レストランレストランのオーナーは、自動化の方法を最もよく理解できない場合があります。ありがたいことに、レストランのオーナーがバックオフィスで過ごす時間を減らし、フロントハウスで顧客とやり取りする時間を増やす ためのヒントがあります

。1.テーブル注文システムまたはセルフサービスキオスク :レストランが座っている場合は、顧客がセルフサービスキオスクまたはテーブルにある注文システムのいずれかで注文することを許可することができます。テーブルに配置された注文システムの場合、予算や好みに応じて、モバイルアプリへのアクセスや指定した iPad を提供できます。

注文システムは簡単にロイヤルティプログラムを組み込み、顧客が食べ物を待つ間にプレイするゲームを提供することさえできます。さらに、若いクライアントは、魅力的な技術体験についてソーシャルメディアに報告するだけでなく、レストランのための無料の広告やプロモーションとして機能する光るオンラインレビューを残す可能性が高くなります。

2.モバイル注文機能 :顧客はモバイル注文に費やしているよりも、モバイル注文に費やしています。クラウドベースのモバイルアプリから集荷用の食品を注文できることは、コスト効率に優れた方法で売上を伸ばすことができます。

オンライン注文を提供する場合は、注文の進捗状況をリアルタイムで更新し、顧客サービス体験を向上させるロイヤルティプログラムを用意していることを確認してください。お客様がオンライン注文中にカスタマーサービスに悪影響を及ぼす場合は、将来的にビジネスを失わないように、状況に迅速に対処し、改善することが重要です。

3.チェックアウトシステム :外食の最もイライラする部分の1つは、サーバーがテーブルにあなたの小切手を持って来るのを待っていることです。このカスタマーサービスの否定的なやりとりを避けるには、顧客が自分自身をチェックアウトできるようにしてください。

セルフチェックアウトは、人件費を削減し、顧客サービス体験を向上させるだけでなく、レストランのテーブル売上高も最適化されます。

4.POSシステム :素晴らしいPOSシステムは、レストラン運営の効率を高め、顧客体験を向上させるレストラン管理ソフトウェアの定番です。POSシステムは、在庫管理から食品コスト分析まで、幅広いタスクを支援します。

レストラン事業の自動化が進むにつれて、レストラン管理ソフトウェアの基本的な側面が強くなることが重要です。強固な基盤を構築することで、レストランのオーナーとその顧客の双方にとって、より自動化されたレストランへの最もシームレスな切り替えが可能になります。

Online employee scheduling software that makes shift planning effortless.
Try it free for 14 days.

 cta content inline and exit intent